IT業界で働く女性が少ないそうです。
実はエンジニアの約8割くらいは男性だそうです。エンジニア向けに行われるイベントに参加する人もほとんどが男性だということです。
なぜ女性が少ないのでしょうか?女性が少ないという理由にはやはり仕事のキツさが関係しているようです。
性別に限らず求人は多いものの長続きする社員が少なくいつも人手不足という状態が続いている会社もおおいようです。
それでいて競争が激しく、仕事量も多いのです。毎日が残業続きで休日出勤も免れないほどの激務な会社もあるそうで、なかなか女性が働くにはやはり難しい環境と言えるのでしょう。

それでも少なくても活躍している女性はいらっしゃいます。
長く働いている女性は、SEやプログラマーの現場では男性と対等となって働いている女性が多いようです。
地道にこつこつとすることが好きなタイプの人や向上心を持った人が働いているそうです。
男性の多い職場なので女性というだけで甘く見られてしまうことも多いそうなので、そんなことには相手にせずしっかりと自分の技術をアピールしていける人が残るそうです。
意外と体力勝負な面があるのでどうしても男性がおおくなってしまうのでしょうが、職場にはやはり女性が少なからずいた方が会社の成長にも繋がるはずです。
これは心理的分野で実証されていることですが、同性だけの職場より異性が1人でもいる職場の方が1人ひとりのやる気に差が出るそうです。
異性が社内にいるというだけで、やる気が湧くらしいのです。そういうことも含め男女が共に働ける環境がいいのだと考えられます。

男性には男性の、女性には女性ならではのセンスや思考、魅力がありますからそういったものを活かしていけるのが良い環境ですよね。

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です